株式会社シップデータセンターは、NKの略称又はClassNKの通称で知られる国際船級協会である一般財団法人日本海事協会の100%出資の子会社として2015年12月に設立されました。

情報通信技術の発展により、運航中の船舶から多量かつ多様なデータを収集することが可能となりましたが、データの収集や分析のプロセスは、個別に実施されているのが現状であり、ビッグデータ活用は途上にあります。データの更なる活用のためには、個別に管理されているデータの集約が必要となりますが、多大なコストやセキュリティ対策といった問題から、必ずしも容易ではありません。このような業界の課題に対し、当社は船舶に関わるビッグデータ基盤として、十分なセキュリティ確保の下、運航データを収集、蓄積し、また利用者にデータを提供するデータセンターの運営にあたります。一元管理されたデータが低廉なコストで利用できる環境を整備し、海事業界全体におけるビッグデータの活用機会を最大化することを目指します。

商号
株式会社シップデータセンター
設立
2015年12月
株主
一般財団法人日本海事協会(100%)
所在地
〒102-8567 東京都千代田区紀尾井町4番7号
(日本海事協会管理センター3階)
代表者名
池田 靖弘
連絡先
Tel:03-5226-2261
E-Mail:contact@shipdatacenter.com
事業内容
船舶IoTデータ等を保管する基盤(データセンター)の提供及び基盤運営業務
船舶IoTデータ等の活用基盤(Web-API)サービスの提供及び関連システムの運用
提供サービスに関する技術サポート
ShipDCへの地図