ステークホルダーの役割

IoS-OPでは、データ収集、活用に関わるステークホルダーを整理し、それぞれの役割を定義することで、目的、責任、義務を明確にしました。

ステークホルダーの役割

PU
Platform User

データ収集のためにコスト負担する者
・ データ収集とデータ利用権の管理
・ データアクセス範囲と SU(ソリューションユーザー)の承認

PP
Platform Provider

PU(プラットフォームユーザー)にデータ収集サービスを提供する者
船上サーバーの販売、サポート

ShipDC
Shore DC

陸上データセンターの運用管理者
データ収集プラットフォームの提供、データ提供APIの提供、データセット代行販売、データ利用者のセキュリティ審査

SP
Solution Provider

遠隔保守サポート、性能分析レポート、状態監視などのソリューションやアプリケーションソフトを提供する者

SU
Solution User

SP(ソリューションプロバイダー)の提供アプリの利用者

DB
Data Buyer

データセット利用権購入者
・ 自社建造船や自社製品の改善
・ ビッグデータ分析
・ 実海域性能解析、等